読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は何も考えない

人生詰んでるオヤジが、どうでもいいこと、いい加減なこと、つまらないこと、くだらないこと…を書き連ねるブログです。

パトレイバー首都決戦~感想など(ネタバレあり)

GWは、特になにもしないまま、終わってしまった。いつものことだが。

それはそれとして、押井守監督の最新作「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」を観たので、覚え書き程度に感動感想を纏めておく。

ちなみに、私はこの作品の前提となる「機動警察パトレイバー 2 the Movie」、パトレイバーシリーズの最初の劇場版である「機動警察パトレイバー the Movie」は、それぞれ大げさではなく100回位は観ている。今回の観客には、こういう人は多かろうと思われる。

観たのは、5/1、新宿ピカデリー、封切り当日の午後7時の回。この日の朝イチの上映では各キャストの舞台挨拶もあったが、それは残念ながら観れず。

結論から先に書くと、エンターテイメントとしては非常に良く出来ていると感じた。反面、ラストにかけて釈然としない点もあったが、これは、その点も含めた意図的な演出なのかもしれない。

ストーリーは、「機動警察パトレイバー 2 the Movie」の後日談ということになっている。

2002年の柘植行人による事件を再現するかのようにミサイルによりレインボーブリッジが破壊されて、ストーリーが始まる。

事件の主謀者は、現在は獄中の柘植行人に心酔する小野寺をリーダーとするテログループ。自衛隊の最新鋭戦闘ヘリ「グレイゴースト」を強奪し、天才的な操縦センスを持つ灰原零をパイロットとして、レインボーブリッジを始め、各所の破壊を実行する。

そして、テログループを追う警視庁公安部の警部、高畑慧と、巻き込まれる後藤田、さらに巻き込まれる特車2課、という構図でストーリーが進められる。

作品の前半は、基本的には公安の高畑慧と、特車2課の後藤田との会話劇が中心。様々なシーンでパトレイバー2を踏襲している。シチュエーション、セリフ回し、アングル、等々。

これは、意図的なものであろうし、ファンサービスの意味もあったのだろうけれど、私的には、少々鼻についたかな。あのビデオのシーンまで再現することないのに、とは思ってしまった。カラオケは無かったが。

後藤田と、先代であり先輩でもある後藤(元)隊長との差が面白い。後藤田は、後藤に似ている/似させようとしているが、後藤ほどの能力は無い。後藤は一切登場しないのだが、この2人の差が良く分かる。

作品の中盤は、人対人のバトルシーン、カーシャかっこいい。見事な殺陣である。灰原にボロボロにされる佑馬、情けなくて良い。整備班のリボルバーキャノンの人力発射、なんだかあり得ない感じがとても良い。

終盤は、グレイゴーストが暴れまわる。

グレイゴーストvs戦闘機、グレイゴーストvs戦闘ヘリ。グレイゴースト自体はCGによる実背景に対する合成であるが、音響の良さも相まって、ド迫力である。ここらへん、見応え充分である。映画館で観てよかったと思うのである。

最後は、グレイゴーストvsイングラム

イングラムは、稼働可能時間が3分とか、当初からスクラップ寸前の状態であり、この機体で縦横無尽に飛び回る戦闘ヘリと対決しようという、無謀な作戦である。「戦力はまだある」なんて言っている場合ではないのである。ただ、こういった無謀さも、第2小隊の「伝統」の一つであり、「遺産」なのだろうな、とは思う。

光学迷彩により視界から消えるグレイゴーストに対し、音を頼りに攻撃を加えようというわけだが、…この辺り、前宣伝では強調されていたが、作中ではそれ程でもなく、少々肩透かしを食らった感じ。

肩透かしといえば、「首都1000万人を人質に」も、作中では佑馬の「首都の1000万人を人質に取っているのと同じだよなー」みたいなセリフにちょっとだけ出てくるだけで、実質的なテロの内容が、「1機のグレイゴーストにより都心の主要建造物を破壊する」以上のものでは無い。そのため、この1000万の人質についても、説得力に欠けるのではなかろうか。

この作品では、テロ主謀者側の描写がほとんど無く、何のためのテロなのか、今ひとつ、はっきりしない。

一方、グレイゴーストのパイロットの灰原零は、既に亡くなっているはずの人間であったわけで。つまり、この灰原は、墓碑に記されるように亡くなった「ことにされた」灰原本人か、はたまた、亡くなった灰原を騙る別人か。この「灰原の戦争」とは、灰原が、自分の戦争のためにテログループを利用したのではないかと。

ただし、グレイゴーストのパイロットとしての灰原の素性については、作中では全く明かされていないので、この「灰原の戦争」も、何に起因するものか、何をしたかったのかなどは不明なままである。

したがって、作中で語られるテロも、意義が希薄で、よく分からない。結果として、アクションシーンの爽快な印象とは裏腹に、なんだか釈然としない部分を残したまま、館を出た。

しかしながら、押井監督は、インタビューで「今の時代は、テロリストはよく分からないもの。」、「灰原はよく分からないもの。」などと語っているので、よく分からないという感想は、ある意味で正解なのかもしれない。ロードショーとして公開される映画としてそれでいいの、という気持ちはあるが。

 

 

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]