読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は何も考えない

人生詰んでるオヤジが、どうでもいいこと、いい加減なこと、つまらないこと、くだらないこと…を書き連ねるブログです。

TVアニメ「けものフレンズ」第4話まで、雑感

TVアニメ「けものフレンズ」。
当初、擬人化動物キャラと少女とが織りなす癒し系アニメに見えていたのも束の間、第1話の最後辺りから、そのダークでディストピア的な世界観が徐々に明らかになっていく、そんな作品。間違いなく、私の中での今期の覇権アニメである。
なおオリジナルはゲームだったようだけど、そっちの方は知らん。
 
現時点の放映分は第4話、全12話としてまだ全体の1/3程度であり、ストーリーとしてはようやく基本的な説明が終わったというところか。第4話では、非常にシビアな設定も明らかになった。
 
「けものフレンズ」は、メインの舞台であるジャパリパークが存在する世界とはどんな世界か、そして、かばんちゃんとは何者なのか、とか、第4話の時点では色々謎があるわけだが。
 
で、「けものフレンズ」内の世界について現時点での、自分なりのまとめを少々。
 
ジャパリパークは、非常に広大な土地をサバンナ、砂漠、ジャングル、…などの各気候に分けて管理し、それぞれ特有の動物を「フレンズ」と称して配置し、来場者に楽しんでもらうはずだった。
「はずだった」というのは、おそらくジャパリパークには、現在までの少なくとも数年間、もしかすると完成または開園以来、1人の来場者も訪れていない。つまり、フレンズたち(ツチノコ以外)が一様に人間のことを知らない、ラッキービーストが喋れることを、フレンズたちは知らなかった(ラッキービーストは、案内ロボットなので人間にのみ反応する)、これらのことから、ジャパリパークには、相当長い期間、人間の来場者が訪れたことが無かった、と判断できる。
ジャパリパークに来場者が訪れなくなってからどのくらいの年月が発ったか、というと、施設の荒れ方から想像するに、少なくとも10年、おそらくは更に長い年月が経過していると推測できる。
?…とすれば、多くのフレンズたちは、開園時に配置された動物の子孫ではないのか。だから人間に会ったことがない。一方、第4話で登場するツチノコは、伝説上の生き物でもあり、寿命が非常に長いと思われる。そのため、ツチノコは、開園時に配置された個体のままであり、それ故、かばんちゃんが人間であることにすぐに気付くことができたのではなかろうか。まあ、寿命といったら、カバなんかも結構長かったりするけれど…
 
時間の経過がそうだとして、「かばんちゃん」は、なぜ、突然ジャパリパークに出現したか。現時点での作中の表示では、かばんちゃんは、サバンナ地方にいきなり出現したとしか考えられない。もしくは、誰かに連れてこられたが記憶を失ったか。
かばんちゃんについては、他にも謎が多い。カバンの中身はなんだろう、とか、帽子に付いている「羽」は、もしかしたらジャパリパークの入場券とかアトラクション券ではないか、なぜアライさんたちは必死にかばんちゃんを追いかけているのか、とか。
 
サンドスターと、それが噴出する山。
第1話の最初で、サーバルは、「昨日噴き出たサンドスターで新しいフレンズが誕生した」みたいなことを話していた。
サンドスターは、動物たちを、二足歩行し人語を解する存在に変異させるものであるらしい。さらには、サンドスターは、フレンズの形態を維持する機能もあるかもしれない。
また、ラッキービーストによれば、サンドスターがジャパリパークの気候を制御しているとのこと(とんでもない技術である)。さらに、ラッキービーストは、サンドスターにはまだまだ謎が多い、と宣っているが、これは、ジャパリパークの運営側としての設定であろう。ラッキービーストに秘密をばらされちゃマズいからね。
 
では、サンドスターを噴出する「山」とは何か。
山は、おそらく、このジャパリパークの環境を維持するためのシステムの出力装置ではなかろうか。
つまり、ジャパリパークは、広大な、とはいっても、おそらくアフリカ大陸ほどの大きさがあるわけではなく、例えば富士の裾野を広げたくらいの規模ではないかと考えられる。ジャパリパークは、この規模の土地の気候を、区画ごとに制御していることになる。かの山は、その類の制御を行うためのインタフェース(出力装置)の一部をなしている可能性がある。
 
では、ジャパリパークの外の世界はどうなっているのか?
第4話のツチノコは、かばんちゃんを見て、「絶滅してなかったんだ」と呟くのだが、つまり、人類は絶滅していることになっている。
また、「異変」とは何か。
 
ジャパリパークが完成もしくは開園した直後、地球に天変地異が起こった、と想像してみる。天変地異は、例えば巨大隕石の衝突とか(これだとパーク内の施設も破壊を免れないかも)、急激な寒冷化とか、温暖化に伴う海面上昇で世界的な海洋面積の増大とか、その類。でも、これが異変だとすると、異変は作中の時間から随分以前に発生したことになってしまうが。ジャパリパークのシステムは、辛うじて機能を維持。システムは、気候を制御しているわけだから、ジャパリパークを保護するバリアであるとも言える。
 
では外の世界とは?
もし本当に人類が絶滅しているのなら、完全な廃墟、荒廃した世界となっていことは間違いあるまい。ジャパリパークの外ではサンドスターの影響が及ばないから、フレンズ化していない、野生動物たちの天下になっている可能性がある。おそらく、かばんちゃんは、ジャパリパークの本来の来場者である人間であるがゆえに、ジャパリパークから出ることができてしまう。アライさんたちは、それを阻止すべく、かばんちゃんを追いかけている、という解釈はどうか。
 
…とまあ、色々書いてみたけど、要するに、第5話以降が楽しみだし、サーバルちゃんは可愛い。

 追記:読み直すと少々矛盾する点があったので一部修正しました、まだまだ変なところがありそうな雰囲気ではあります(2/4 19:08)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)