読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は何も考えない

人生詰んでるオヤジが、どうでもいいこと、いい加減なこと、つまらないこと、くだらないこと…を書き連ねるブログです。

少年サンデー連載「初恋ゾンビ」の奇妙な三角関係

コミック

最近、少年サンデーが元気である。少年サンデーらしい読み応えのある作品が増えてきた。特に、少年サンデーの十八番であるラブコメものは、「天野めぐみはスキだらけ」と「初恋ゾンビ」という大きな力を得て、パワーアップが著しい。

「天野めぐみはスキだらけ」は、ヒロインの天野めぐみの可愛さを前面に押し出した、割とシンプルな構造のストーリーであるのに対し、「初恋ゾンビ」は、一筋縄ではいかない構造となっていると思う。

初恋ゾンビ」の主人公、久留米タロウは、初恋ゾンビすなわち”男性の初恋の相手が実体化した存在”が見える体質であり、タロウ自身の初恋ゾンビは、自分の記憶に無い姿の「イブ」。実はイブは、タロウが幼少の頃好きになりキスまでしようとした(このマセガキが!)、指宿の現在の(本来の?)姿である。

一方の指宿は、このキス未遂事件の際に初恋ゾンビが見える体質となってしまう。そして、親の都合で海外に行き、10年ぶりに、タロウへの当時の気持ちを引きずったまま、日本に帰国、男装して高校でタロウと同じクラスに編入される。

ここで重要なのが、タロウ自身の初恋ゾンビが指宿の(本来の)現在の姿であり、また、指宿がタロウへの想いを引きずったままだ、という点である。そして、タロウは、(男装の)指宿が過去の初恋の相手であることに気付いていない。

さらに、初恋ゾンビは、本来自我を持たない存在であるはずなのに、タロウの初恋ゾンビであるイブは、自我を持つようになってしまっているのである。これは、タロウ自身が初恋ゾンビを見える体質であることが関係しているか、は分からないが、自我を持ったイブは、タロウを好きであることは間違いない。

そして、目出度く、指宿-タロウ-イブの、奇妙な三角関係の誕生である。何が奇妙かというと、イブ=指宿なのだが、その一方で、自我を持ったイブ≠指宿である点だ。

この三角関係を象徴するエピソードとして、第39話「波乱な夏の始まり」がとても良い。 

この第39話、そしてその前の第38話では、タロウ、指宿を含めたメンバーが遊園地に行く、そのメンバーには、タロウの幼馴染でタロウに対する気持ちはある(ぽい)が本人はそのことに気付いていない江火野芽衣もいる。江火野はホラー系が苦手らしく、それ系(お化け屋敷)では常にタロウに引っ付きっ放し。

最後に、二人ずつペアになって観覧車に乗ろうということになる。

ここで、タロウは「1人で乗りたい」と。

f:id:JA8XOH:20160917035841p:plain

江火野は、タロウと乗れるものと思っていたようだが、それは違う。その理由は、指宿が一番分かっている。

f:id:JA8XOH:20160917035853p:plain

このシーンの指宿は、とても寂しそうである。

そして、江火野と同席した指宿は、こう呟く、「ボクの”思い出”は手強い」と。

f:id:JA8XOH:20160917035947p:plain

この言葉は誰に言った言葉か。江火野か?…違うだろう、この言葉は他でもない指宿が自分自身に言った言葉であろうと思う。何しろ、自分の恋敵が、過去の自分がタロウの中で理想化された現在の自分であるのだから。しかもその存在がほぼ実体に近い形で存在し、且つ、自我を持っているとしたら?

f:id:JA8XOH:20160917035912p:plain

タロウはイブのことを気にかけ、そして二人きりの時間が欲しいと思っていた。普通にデートだし、二人は、周囲から見たら(もし見えたら、だが)、恋人同士に見えるだろう。

f:id:JA8XOH:20160917035928p:plain

このシーンのイブの幸せそうな表情、涙が出るほどいい。

そしてこれ。実に幸せそうな二人。でも、夕暮れの演出も相まって、どこか儚げ。

f:id:JA8XOH:20160917040014p:plain

さて、イブは、タロウの初恋の相手である指宿の現在を理想化した姿である。人格までは分からないが、もしかすると、自我を得たイブの人格もそうなのかも知れない。

では、タロウが過去の出来事を思い出し、イブ=指宿であると認識したとき、タロウには、過去の指宿に対する感情が蘇るのであろうか?…イブがはっきりとした存在を示している現状では、タロウは過去の指宿に対する初恋の感情を忘れていないと考えられる(忘れられた初恋ゾンビは徐々にその存在を失う)。

いや、本当にそうだろうか。イブがタロウに認識され、イブが自我を持ち、そのイブをタロウが意識しているとすれば?

ここで、「初恋ゾンビ」は、その宿主の男性の初恋の女性に対する初恋が成就すると、消えてしまう。ならば、タロウが、初恋と思っていた相手が現在の指宿であることを認識し、タロウが現在の指宿と恋愛関係に落ちれば、イブは消えてしまうことになる。

これは、タロウにとって享受できる状況であるか、いやそもそも、過去の指宿に対する感情と、現在のイブに対する感情と、どちらが深いか。イブが消えてしまって本当に良いのか。

この指宿-タロウ-イブの三角関係は、何処に着地するのか。

初恋ゾンビ」のストーリーの結末は、この辺りの話になるだろうし、実際にどうなるかは勿論、作者のみぞ知る。現実の指宿が「指宿+イブ」みたいな存在となるかも知れないし。

最新話あたりでは江火野(あの強気そうな眉毛がいい)の存在も前面に出てきているし、今後の展開を期待するのである。

 

 

 

初恋ゾンビ 4 (少年サンデーコミックス)

初恋ゾンビ 4 (少年サンデーコミックス)