私は何も考えない

人生詰んでるオヤジが、どうでもいいこと、いい加減なこと、つまらないこと、くだらないこと…を書き連ねるブログです。

物もちがいい

物もちがいい、と、他人から言われることがある。

捨てられない、というわけではなくて、壊れていないものをずっと使い続けるというか…いや、壊れてないものを使い続けるのは当たり前の話だと思うが、その期間が結構長い。

今住んでいる家に越してきて早、12年目に突入するが、引っ越しの際に購入した洗濯機、冷蔵庫は現役である。まあ、これらは、そう壊れるものではないと思うけれども。

しかし、電子レンジの18年目というのはどうだろうか。ほぼ毎日使っているのに、だ。

料理関係だと、直径20cmくらいの中皿2枚が20年目、一人おでん用の土鍋がおそらく20年目、友人の結婚式の引出物のカタログギフトで入手した大きめの片手鍋もかれこれ20年目に突入、ちょっと湯を沸かしたりといった用途にぴったりの14cmの雪平鍋も20年目くらい、パスタやカレーを食べるのに丁度いい大皿に至っては、私が東京に出てきたときに購入したので、30年を越すのである(年バレは無視するように)。

腕時計。15年前に17,000円で購入したMONDAINEの時計、デザインがシンプルで、且つ見易いように工夫が凝らしてあり、気に入っていたのだが、先日電池が切れたのをキッカケに新規購入。使おうと思えば使えたけれど、流石にいろいろガタが来ていたのと、そろそろ、もう少しだけグレードの高い腕時計も必要かなと思い、引退させることに。

DTM関連の機器も、軽く10年、ヘタしたら15年は超えているものばかり。中でも、今使っているMackieのミキサー1604-VLZ Proは、多少ガリが来てるが捨てがたい。DTM関係の話は、また場を改めて。

そうそう、目の前にあるPC用のスピーカシステムSRS-Z1も、10数年経ってまだ現役、音響とは関係ないが、部屋の掛け時計も17年くらい。

衣服なんかもそうかな。

Levi'sの黒スリムジーンズが2本あるが、これらのうち古い方はヘタしたら20年モノ、新しい方も15年は超えてる。

私としては、単に、購入してからの年月は意識しないでモノを使っている訳で、要するに壊れたりして使用不能になるまで、特に考えも無しに使うのである。

そこで、一つだけ懸念が。

なんていうかな、それら長期間使い続けたものは、まるで示し合わせたかのように、一斉に使えなくなる傾向にある用に思われる、ということ。

そういうサイクルってあると思う。

昨年から今年にかけて、DTM用の機材の不具合による入れ替え、PCケース交換(電源ユニット含む)、トイレ便器の交換(10年ー15年くらいが取り替え時とのこと)、が既に発生している。

まぁ気になる対象が多いということもあるとは思うが、そう遠くない将来(もしかしたら本年?)、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどが次々とダメになる、という事態も十分有り得る。

いつそうなっても大丈夫なように、手は打っておかないと。

 

 

広告を非表示にする