私は何も考えない

人生詰んでるオヤジが、どうでもいいこと、いい加減なこと、つまらないこと、くだらないこと…を書き連ねるブログです。

電子書籍

部屋が狭い、というよりも、収納と壁面が少ない部屋なので、コミックスの置き場があまりなく、面白そうなコミックスがあっても買うのを躊躇ってしまう。こういった理由でコミックスを買わなくなるのは少々寂しいかな。

最近は電子書籍も充実してきて、読みたいコミックスが結構手に入るようになってきている。電子書籍だと、そのサービス自体が無くならない限り、置き場所を気にせずにコミックスを購入できるのが、なんといってもいいわけで。

現在メインで利用しているのはeBookJapan。最近コンテンツがどんどん増えてきていて、結構使いでがあると感じている。

携帯やスマホの画面でもそこそこいけるが、iPad miniやKindle、各種小型のタブレットPCあたりで見ると、製本版のコミックスと引けを取らないくらい(見開きページは弱いが)。その上、一度に何冊も持ち歩いても鞄が太ったりしない。

できれば各社、新刊が発売されたら紙製本のコミックスと同時に、電子書籍でも出してもらえばなぁ、と思ったりもするのだが。しかも紙製本のコミックスよりは価格を10円でもいいから安くして。

電子書籍で入手可能なタイトルは、今後もますます増えていくことであろう。

しかしだな、例えばすべてのコミックスが電子書籍化してしまうと、私などのような個人のユーザは、場所取らないしいいな、くらいに思うわけだが、印刷業界などは悲鳴を上げることであろうと思う。もちろん本屋も大打撃だ。

ただでさえコミックスは、一般の書籍に比べて発行部数が多いのに、特に大手出版社のコミックスは、発行部数の桁が違うわけで、電子書籍に市場を食われたときの打撃は大きいであろう。

新刊がすぐさま電子書籍にならないのは、そんな事情もあるのかな、と思ってみたり。

広告を非表示にする